ごあいさつ

Greeting

OTAKU SUMMIT 2020実行委員長より

国際オタクイベント協会 代表

OTAKU SUMMIT 2020実行委員長
国際オタクイベント協会代表

佐藤 一毅

OTAKU SUMMIT 2020実行委員会委員長・国際オタクイベント協会代表の佐藤一毅です。

この21世紀、世界のあらゆる国々へアニメやマンガが広がり、オタク文化の波が世界を広がっています。 私達はいまやどこに行ってもオタクの仲間を見つけることができるようになりました。 この日本発祥の文化であるオタク文化をテーマに、2015年に最初の「OTAKU SUMMIT」は開催されました。 その中で採択された「オタク新世紀宣言」は、個々が育んできたオタク文化が世界文化へと進化したことを高らかに宣言しました。 この期待と希望を胸に、国際オタクイベント協会(International Otaku Expo Association:IOEA)は設立されました。

17カ国30イベントでスタートしたIOEAは、いまや50の国と地域、140以上のイベントが参加する国際組織へと成長し、世界のオタク文化の進化を支援しています。

2020年夏、日本では東京2020オリンピック・パラリンピックが開催されます。 オリンピック・パラリンピックはスポーツの祭典にとどまらず、すべての文化についての祭典です。 今回、東京2020公認文化オリンピアードとして、日本発祥の世界文化「オタク文化」を世界へ発信するイベント 「OTAKU SUMMIT 2020」を、東京都豊島区さんとIOEAの共催としてオタクの聖地・東京池袋を舞台として開催いたします。 テーマは「オタク文化の過去・現在・未来」です。

日本と世界の、学術関係者「オタクプロフェッサー」、作品を生み出してきたクリエイター・業界関係者、そして各地のオタクを育んできたオタクイベントの皆さんが参加するセミナー・展示により、オタク文化がどのように作られ、世界に広がり、そしてどう進化していくのかを明らかにします。

OTAKU SUMMITで、オタク文化が世界を一つにする姿を目撃してください!